2010年12月18日

漫画を本屋で買うの巻

Amazonが送料無料になってからというもの、漫画はほぼAmazonで買っていたのですが、たまたま本屋があったので「そういやひと月くらい新刊ほっぽってあるなあ」と思い、その書店で購入。

P1000015.JPG

・・・してみたら。
久々に、見舞われました(^^;)



4冊購入して、
縛り跡アリが1冊。
一部角が折れているのが1冊。

「交換してもらえない程度の痛み」率50%。



本屋の漫画にビニールがかけられるようになって以来、なんとかしてこれを避けるのが命題(笑)だったのですが、久々だったんで忘れてました。



・・・てか、忘れてたって事は・・・?



そうです。
Amazonから来る書籍にはこの痛みが一切無いのです。



書籍が本屋に配送される時の扱いというのは実はかなり酷く、リサイクルに出す新聞紙のように紐で十字にギュッと縛り(「縛り跡」ってのはこの時に出来る。束の一番上と一番下が特に酷い)、箱にぎゅうぎゅう詰めにして送られます(隣の束と干渉すると「一部折れ」が発生する)。出す時も無理から引っぱり出して束のままポンポン投げよるし。



Amazonに入荷する時にどういう状態で送られて来るのか分かりませんが、少なくとも問屋から本屋に送られる行程は多分無いでしょう。つまりここが一番本が傷むポイントだという事ですね。



・・・益々本屋で買う気が失せてしまいますね・・・


posted by cher at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。